メディシンボールの筋トレ効果

メディシンボール使用のメリット

瞬発力を効率的に鍛えるにはメディシンボールです

瞬発力をつけるスポーツのスキル

すべてのスポーツにおいて必要になる能力といえるのが瞬発力になり、素早く動くには反応をする神経や筋肉の動きがあります。
野球では盗塁するにも速く動くこと、サッカーでは相手を抜き去るドリブルのときに瞬発力が必要です。
格闘技ではボクシングや柔道なども相手の懐に入り込む動きなども瞬発力なので、トレーニングスキルをあげることで強い選手になれることができます。
しかし、筋力をつけるトレーニングをやっていくにしても、様々な方面からアプローチをすることになるために、単一の動きだけでは効果が上がりません。
要するにダッシュをするだけでは、能力が上がらないということです。

伸張反射トレーニングをすることができます

トレーニングをする方法には色々とありますが、効果的な瞬発力を鍛えるトレーニングに、メディシンボールを使ったものがあります。
筋肉に対して独特の刺激を与えることができるために、神経系の改善がされることから素早い動きを可能にしてくれます。
特にプライオメトリクストレーニングにおいては、メディシンボールを使うことによって効果的なトレーニングが実現可能です。
伸張反射をさせるトレーニングになるのですが、人間の体は脳からの指令によって動くことがわかっています。
その脳神経には無意識で動くことができる反射があり、意識をしないでも瞬時の動きをすることができるようにするには、伸張反射を利用することが必要です。


神経系の改善を含めたトレーニングのやり方としては、メディシンボールを両手に持って頭の上の位置まで持ち上げます。
足を前後に開いてフロントランジの体勢をとり、そのままジャンプをして前後に開いている足を入れ替えます。
それをリズミカルに繰り返すことで、下半身の瞬発力をつけることができます。
また跳び箱のような台があればメディシンボールを持ったままジャンプをして、繰り返すことで硬い三頭筋からハムストリング、大腿四頭筋の筋パワーをつけることになります。

重量はとても大切なポイントになります

負荷が大きいものだと30キロや50キロの重量のものではなく、メディシンボールくらいの10キロ以内の重さであれば瞬発力の効果を実践するには効果的です。
それだけトレーニングにおいてどのくらいの重量でやっていくのかというのはポイントになり、成果を上げることができる方法だといえます。
反対に重量を重くする意識だけ高くなると、オーバーユースとなり使いすぎで筋肉を傷めるだけということにもなります。
効果的に瞬発力をつけるには、メディシンボールでやるのがお勧めです。

人気記事ランキング