メディシンボールでトレーニング

体幹トレーニングも可能なメディシンボールです

腹筋を鍛える方法はいろいろあります

腹筋を鍛える方法としては上体起こしがあり、最もベーシックなトレーニング方法のひとつです。
上体起こしには足を押さえてもらい腹筋をする方法がありますが、こちらはパートナーやもしくは足を引っ掛けるところが無くてはできません。
また体を完全に起こす動作になるために、腹筋以外でも大腿四頭筋を使うことになるために、たくさんの筋肉の動員が必要となります。
もうひとつの方法として、足を押さえない腹筋方法があり、こちらは自分の腹直筋の能力だけで体を起こす状態となりますので、基本的には肩甲骨が浮くくらいの位置であれば、トレーニング効果を実感できます。

捻るための腹筋の使い方があります

次に腹筋の中でも腹直筋ではなく、捻るための腹筋を鍛える方法があります。
外腹斜筋と内腹斜筋で体を捻る場合に使われる筋肉となり、腹直筋と一緒に働いていることで、スポーツなどのスキルアップに必要です。
ベーシックなトレーニング方法としては、体を捻るように腹筋運動を行うことになりますので、通常の上体起こしよりもトレーニング強度は高いといえます。
腹筋を鍛えるには腹直筋の他にも腹斜筋群を鍛えることが強い体を作ることに繋がりますし、またトレーニング方法によっては6パックの腹筋を作ることが可能です。

腹筋には刺激を与えることが必要

しかし6パックの腹筋を作っていくには刺激が必要となり、一番いい方法としてはトレーニング器具としても有名なメディシンボールを使うことがお勧めです。
上体起こしの腹筋運動をするときにメディシンボールを落とすことで、腹筋に強い刺激がかかり鍛えることができます。
ボールには1キロから10キロまでの種類があり、自分の運動強度や目的に応じて使いこなしていくことが大事です。
あまりに軽すぎると効果が低くなりますし、反対に強すぎてしまっても筋肉を痛めるだけなので上手くいきません。
メディシンボールの使い方としては、ボールをお腹に落とすときに縮めたときに落とす方法よりも、伸びたときに落とすほうが腹筋が強くなります。
体幹トレーニングをする時にも利用できるのがメディシンボールです。
体幹トレーニングとはインナーマッスルを鍛えることができる方法になりますので、バランスよく筋力を使うことでアスリートのスキルアップには欠かせないトレーニングになります。
メディシンボールを使う方法は、体幹トレーニングのプランクの姿勢になり、そのときにボールを両手に持ってバランスを保ってトレーニングすることで、体幹を鍛えることができます。
ボールになっていることでグラつかないようにしなくてはいけません。
そうなると腹筋から肩周り下半身までインナーマッスルを使うことが可能です。

人気記事ランキング